日焼けしやすい肌を白く魅せるために何をすると良い?

日焼けしやすい肌を白く魅せるために何をすると良い?

日焼けは夏に限らず悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?

しかし、焼け方って一定ではありませんよね。

十分なケアしているからかもしれませんが、周囲の人を見ると、自分ほどは肌が変わってないことも。

もしその経験があるなら、特別日に焼けやすいのかもしれません。

全身でなくても、腕だけ、足だけ、顔だけなど、部分的に日焼けしやすいケースもあるようです。

その分きちんと対処することが求められますが、そもそもなぜ焼けやすいのが理解していますか?

原因があるのならまずはそれを知り、その上で対応したほうが、より効果を高めることにも繋がります。

日焼けしやすい理由を早速見ていきましょう。

日焼けするのは紫外線に耐性ができているからこそ?

日焼けにはいろいろな状態がありますが、今回は紫外線に当たった時に赤くなるのではなく、黒くなる人に限定します。

最初は赤くても、いつまでも消えずに黒くなるなら、日に焼けやすい人と思ってください。

言うまでもなく、日焼けはメラニン色素が増えることで発生しますが、実はメラニンとは肌を守る成分なんです。

メラニンはメラノサイトという細胞が作るのですが、そもそもの目的は黒い膜を作って肌を防御することにあります。

黒く見えるのは肌がダメージを受けた状態というよりも、さらなる刺激を防ぐために中の細胞や核を守っている状況という方が正しいようです。

つまり日焼けしやすい人というのは、肌を守る機能がきちんと働いている人のこと。

美白に憧れるのは良いですが、ことさら黒さを卑下する必要はありませんよ。

反対に美白ということはメラニンが生成されにくい、ダメージを防御しにくい状態ですから、美白が叶った後こそ、より慎重なケアを心がけてください。

黒くても完全には安心できない

しかしメラニンの膜で保護されているからと言って、何もしないでいると将来に影響します。

紫外線は完全にシャットアウトできません。

積もり積もって10年後、20年後の肌にシワができやすくなったり、たるみがちになってしまうこともあります。

既に肌が黒くなっていると、さらに焼けたかの判別は付きにくいですから、変化が見られないと思ってもケアは続けましょう。

天気が悪く、肌を焼くほどの強さがない時でも、内部にダメージを受けている可能性は十分考えられます。

食生活で体内から美白!

黒いのはむしろ健康な証、とはいえ、やはり可能なら白さは欲しいですよね。

では肌の色を復活させるには何をしていけば良いのでしょうか?

まずは食生活から見てみましょう。

日焼けに効果のあるとされる成分は、ビタミン類、ポリフェール類など様々です。

それを踏まえて優先的に摂取したいのは、まずトマトが挙げられます。

トマトはβカロテンと呼ばれるビタミンAの一種や、リコピンなど赤い色素のもととさせる成分が豊富です。

どちらも抗酸化に優れているため、肌のケアに優れています。

βカロテンは油に強く、リコピンは油で吸収率が高まるため、ミートソースやケチャップなどの調理品からでも得やすいのがメリットですね。

毎日の料理が面倒な方は、100%のトマトジュースを毎日飲み続ければ、手間もかかりませんよ。

赤で白を求めるならアスタキサンチンも

βカロテンやリコピンもそうですが、赤い成分に白くしてくれる効果があるのは面白いですね。

アスタキサンチンもその1つで、カニやエビなどの殻、イクラや鮭などに含まれています。

素材を見ても、赤さが伝わるラインアップです。

抗酸化力は上記の成分の比ではなく、最も優れている1種と言っても過言ではありません。

文字通り活性酸素の除去に加えて、肌の保水や、皮脂バランスの調整機能も有しています。

水分が必要なタイミングで外に逃がさない、乾いて過剰に分泌されがちな皮脂を抑えるというのは、まさにうってつけです。

血行促進効果も、日焼けのケアには欠かせませんね。

魚からの摂取がおすすめなので、で得るのが手っ取り早いですが、キンメなど赤い魚なら含まれていることが多いそう。

スーパーに立ち寄ったら、鮮魚コーナーを改めてチェックしてみましょう。

サプリメントなどは朝のうちに

美白のための栄養素はサプリなどで摂取することもおすすめです。

◆例えば、美白効果も実感して飲みやすいと私が思ったのは、サプリではなくもっと効果がある美白医薬品の「ロスミンローヤル」です。

シミ・そばかすだけでなく、小じわも改善するのも嬉しい女性のための美白医薬品です。
シワ・しみに飲んで効く医薬品【ロスミンローヤル】
rosuminseibun

なお、日焼けを防ぐ、事前対策の日焼け止めサプリの場合は出かける30分前に飲むといいです。

食物から得るのとは違い、成分が早く届くのがサプリのメリットなので、焼けるかもしれない30分前がベストのタイミングなんです。

昼になって焼けてしまってからでは、防ぐもなにもありませんからね。

枕元などに常備しておき、外出する前に飲むようにすると忘れずに続けられますよ。

私が気に入って飲んで良い変化の実感を感じた日焼け止めサプリは、雪肌ドロップです。

日焼けしにくくなってお肌も綺麗になった気がします。
雪肌ドロップの日焼け止め効果が高くなる飲み方は?

日焼け止めはその都度状況に合うものを

日焼け止めの使用は大前提ですが、細かな効果や威力の違いには注意しておきたいところ。

例えばパッケージの表示を見ると、SPFやPAと書かれていますね。

SPFは日差しが強い時に降り注ぎやすいUVB、PAは環境に関係なく降り注ぐUVAに対して効果のあるなしを示しています。

SPFは数字が大きい、PAは+の数が多いと効き目も強まるわけですね。

両方が強ければそれで良いですが、SPFだけ強いものを、曇りの日につけて行ってもあまり効果は期待できません。

もちろん曇天だってUVBが降り注いでいる可能性はありますが、どちらかといえばPAの大きいものを重視しましょう。

反対に、真夏の晴天下でPAだけが大きいものを使っても、期待薄となります。

両方が強いものだとそれなりにコストがかかりますし、敏感肌の部位に塗る場合は刺激を感じてしまう可能性も。

環境や塗る部位によって、何種類かを使い分けるのもおすすめですよ。

日焼け止めと一口に言っても、スプレーやパウダー、クリームなど様々なタイプがあります。

好きに選ぶのも1つの手ですが、例えば汗をかきやすい日は、落ちにくいクリームなど固めのものにするのはどうでしょう?

さほど気にならない部位(腕や足)で肌が丈夫なら、スプレーでささっと塗ってしまうのもありです。

肌が弱い方は、メイク落としに頼らなくても、石鹸で落としてしまえるような肌に優しい日焼け止めが、おすすめです。

効果がきちんとあるのは同じなので、刺激の少ない日焼け止め製品もチェックしてみましょう。

成分では、紫外線吸収剤及び紫外線散乱剤の違いもありますね。

紫外線散乱剤のほうが肌への負担は少ないですが、人によってはそれでも刺激となる可能性もあるので、パッチテストなどで判断してから決めましょう。

紫外線吸収剤は、肌荒れの原因にもなるので肌が弱い人は含まれていないものを選ぶといいです。

肌に優しくて美容成分も多くBBクリームみたいに使えるのが、hanaオーガニックUVミルクのウェアルーUVです。

紫外線吸収剤も含まず、無添加なのにしっかり日焼け止めになるのが人気です。

その上、ウェアルーUVは石鹸で簡単に落とせるので、敏感肌やトラブル肌でも安心して使えます。

実際、hamaオーガニックのウェアルーUVを使ってみたら肌が明るく綺麗になったので喜んでいます。
もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV

15wearlureUV_1

何もしなくても3時間経過したら再び塗布

そして、日焼け止め最大のコツは何度も塗り直すことです。

普通に過ごしている場合でも、威力の程度に関わらず、およそ3時間前後で効果は薄れてしまうようす。

汗をかいた時はもちろん、雨に降られたり海やプールなどで過ごした場合は、体を拭くたびに塗り直した方が良いでしょう。

ただ顔は、メイク直しも一緒に行わなくてはいけない場合もあります。

日焼け止めではなく、ファンデーションなどベースメイクにUVケアを求めれば、その手間を省くことができますよ。

ボディならそのまま重ね塗りするだけで良いですから、面倒がらずに行ってください。

最近では、ウォータープルーフの日焼け止めなども販売されるようになりましたが、その場合でも通常の3時間ぐらいを目安に塗り直しましょう。

日焼け直後は十分に保湿してから美白化粧品へ

黒くなる場合でも、肌が焼けていることに変わりはありません。

ですから直後は通常の化粧水、あるいは保湿成分の多い美容液などで、冷やしつつ水分を与えることが大事です。

もともと肌が強いという方でも、軽いとは言え火傷の状態なのですから、肌は弱くなっています。

早く白くしたいからといって、いきなり美白成分のアイテムを塗ると、悪化してしまうこともあるようです。

外で日焼けしたら帰宅後はまずシャワーなどで冷やし、洗浄するでしょうが、その際も優しくしてあげましょう。

体の場合はボディ用のスキンケアでも構いませんが、敏感肌への配慮がある顔用スキンケアで冷やすのもおすすめですよ。

保湿効果を備えた場合でも美白効果の高いとされる製品なら、刺激を考慮して避けたほうが無難かもしれません。

ローズ水などのように、主要成分が水のものならば比較的安心できます。

ローズは一例ではありますが、抗炎症などの効果もあるのでおすすめです。

サングラスを付けると肌が黒くならない?

紫外線防止効果があるものに限って言えば、サングラスでも肌を白く保ってくれます。

紫外線は当然目からも入ってくるわけですが、目は日焼けこそしないものの、細胞にダメージを受けるのは同じです。

すると、脳は勝手に紫外線が強いからメラニンでカバーせよ!という指示を体に出してしまうんですね。

脳からの指令で黒くなるのなら実際の紫外線量は関係ない、と想像がつくと思います。

ちなみに空からの紫外線であれば、日傘や帽子などでもカバーできますが、地面や建物からの照り返しに関しては万全とは言えません。

髪の毛や頭皮も日焼けから守りたいというのなら話は別ですが、目だけに限って言えば直接カバーするサングラスがベストでしょう。

サングラスは色付きが基本ですが、通常の眼鏡やコンタクトレンズでもUVカット効果を入れたものがあります。

視力が良い方も、伊達眼鏡などで探してみると良いかもしれません。

色が入ることで見にくくなることもありますし、気になる場合は透明な眼鏡で対策を行うのも良いですね。

ちょっとの外出でも日焼けケアはすべき

意外と気にせず行ってしまう方は多いのではないでしょうか?

庭やベランダまで洗濯物を干しに行く、近隣のゴミ収集場に捨てに行くなど、近距離かつ短時間で済んでしまう時って、日焼け対策していますか?

人によっては隣のお宅に回覧板を届ける程度、コンビニまで用達に行く時でもしないかもしれません。

しかし黒い方でもダメージは受けるとお話したように、ちょっとの行為が積もり積もって大きな反動で帰ってきます。

その用事以外は外出しないとしても、室内にだって紫外線は入ります。

カーテンなど家の中でUV加工ができていないのならば、むしろ日焼け止めケアを徹底しましょう。

早く白くしたいなら早く寝る!

最後は美容問題ではお馴染みかもしれません、睡眠です。

正確な目的はターンオーバーの促進によって、肌自らにもケアを行ってもらうことにあります。

ただ長く寝れば良いというわけではなく、人によっては短時間でも熟睡できてしまいます。

普段の肌トラブルとも関係することですから、日焼けをしていない方も毎日熟睡できているか、振り返ってみてはいかがでしょう?

温かい飲み物やアロマ、クラシック音楽など、簡単に実行できる方法もたくさんありますから、心地よく寝れない時に試してみてください。

「メイミーホワイト60」で白さを取り戻そう

美白をもたらしてくれる化粧品の1例として、「メイミーホワイト60(MAYME WHITE60)」が人気です。

年代を問わず、また顔だけでなくボディにも白さを取り戻してくれることから、多くの方が利用しているそうです。

使い方は塗って60秒待ち、その後洗い流すという美白パックタイプ

時間がかからないのにしっかり美白ケアしてくれるのも魅力でしょう。

今回紹介してきた以外にも、日焼けのケアができる成分はたくさんあり、メイミーホワイト60では、例えばプラセンタを取り入れています。

プラセンタは入ってきた紫外線によってメラニンを生み出さないよう、抑えてくれる効果があるんです。

また炎症を抑える効果を持つヒナギクやユキノシタなどは、ニキビや吹き出物にも役立ってくれます。

ほかも含めて天然成分で構成されているので、弱った肌にも優しいアイテムと言えるでしょう。

メイミーホワイト60は、メーカーの公式サイトから直接購入すれば、コストを節約することもできます。

万が一効果が感じられなかった場合に返金制度も用意されていますから安心ですね。
メイミーホワイト60の美白効果とその理由

まとめ

肌を黒から白にしたいのに、食材で赤を取り入れるというのは、意外な発想ですよね。

もちろん赤といってもアスタキサンチンなどが含まれていない食材もありますから、チェックは怠らないようにしましょう。

成分で見てみると、抗酸化と抗炎症が目立っているように感じます。

ダメージが酸化、ひいては老化に繋がりますし、日焼けがそもそも炎症ですから理にかなった対処ですね。

日焼け止めなどで予防をしつつ、抗酸化と抗炎症が同時にできるケアをしていけば、効率よく白さが戻せるはずです。

もし食材やケアアイテム選びに困ったら、まずメイミーホワイト60から始めてみましょう。

メイミーホワイト60は、60秒で美白!と即効性と持続性が人気です。

顔だけでなく日焼けしやすい腕や首やデコルテや足にも使えます。

メイミーホワイト60を毎朝、美白ケアで使い続けることで理想の美肌に近づきます。

詳しくは公式サイト→たった60秒で理想の美白!『メイミーホワイト60』

ria+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved