不眠解消、熟睡するためのポイント

不眠解消、熟睡するためのポイントについてです。

熟睡できないと仕事や勉強に差し支えるなど日常生活に悪影響を及ぼしますし、熟睡できないこと自体が大きなストレスとなってしまう場合もあります。

眠りたいけれど眠れない、寝ても寝た気がしない、といった熟睡できないという悩みをなんとか解消する方法はないのでしょうか?

精神的な疾患やアルコール依存などが原因で熟睡できない場合には専門医に診てもらう必要がありますが、それ以外の場合は熟睡できない原因を探って、できる限りその原因を排除していくことから始めていきましょう。

まず、熟睡できない原因として考えられることは、ストレス、運動不足、就寝前のアルコール・カフェインの摂取脳への刺激不規則な睡眠満腹感などがあげられます。

ストレスは自分でも気付かないうちに溜まっていることもありますので、上手にストレス解消する方法を見つけましょう。

就寝前にストレッチなどの軽い運動をしたり、静かな音楽を聴く、38〜40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかるなど、心身ともにリフレッシュして凝り固まった筋肉を緩める方法を見つけられれば、ストレスを睡眠に持ち込むこともなくなっていきます。

アルコールやカフェインは眠りを妨げてしまうので就寝前には摂取しないようにし、摂取するなら寝る3時間前くらいまでにしておきましょう。

アルコールやカフェインには利尿作用もあるので、夜中に何度もトイレに行きたくなって目が覚めないようにするためにもこれは大切なポイントです。

そして就寝直前にパソコンや携帯・スマホ、テレビゲームなどをすると脳が刺激されて興奮状態になって熟睡できなくなるので、これも寝る1時間くらい前までにしておきましょう。

さらに質の良い睡眠にするためには、規則的な生活も大切です。

眠れなくても、できるだけ毎日同じ時間に布団に入り、同じ時間に起床して体内リズムを整えましょう。

枕も寝心地が良いものを選ぶといいです。
例えば六角脳枕(ろっかくのうまくら)というのも口コミで人気です。
夏も冬も快適に眠れる仕組みの変わった形の枕ですよ。
超熟睡できる安眠枕【六角脳枕】

仕事などで決まった時間に睡眠をとれない人は、せめて就寝時はカーテンなどで明かりをしっかり遮って寝室を暗くし、起きた時には太陽の光を浴びて朝であることを脳や体に伝えるようにします。

また、食事して満腹状態で眠るのも熟睡を妨げます。

食べ物を消化するために内蔵が働いている間は熟睡できませんので、適度な空腹感のまま眠りにつくようにしましょう。

このようにして熟睡できない原因をなるべく排除していき、寝る前にハーブティーやホットミルクなどでリラックスすれば、かなり悩みは解消していきます。

★しかし、それでもなかなか熟睡できないという場合は、ストレス解消にもよく疲労回復になって熟睡に導く「北の大地の夢しずく」を寝る前に飲むといいです。

液体なので、そのまま飲めます。
なおかつ1回分ずつのスティック包装なので持ち運びもできるのが便利です。
レビュー→北の大地の夢しずくは熟睡効果以外にもいろいろ効果

旅行や出張などで外泊で眠りにくい場合にも効果的です。
疲れを癒してストレスも和らげて熟睡できて寝起きも良くなると人気の睡眠サプリメントです。
妊娠中でも授乳中でも子供でも安心な自然素材100%のサプリです。
公式サイト→北の大地の夢しずくで熟睡して疲労回復

*関連の質問と回答*
(質問)
夜何時に寝ても朝3時半には起きてしまうんです。二度寝するときもあるししないときもあるんですけど、かなりつらいです。前は5時までねれたんですけど日に日にはやくなっています。
寝ないと肌によくないし太るし…。どうしたらいいですか。

(回答)
私も毎朝3時半に起きています。体調が良いのでそのままです。睡眠時間が5時間以上とれていれば早起き過ぎても大丈夫です。もし、それ以下だと睡眠時間を増やす方がいいですね。この記事↑を参考にどうぞ。

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved