虫歯になりにくい食べ物や生活習慣のコツは?

虫歯になりにくい食べ物や生活習慣のコツは?

歯磨きを怠ると虫歯の原因となりますが、食生活や生活週間を少し改善するだけで虫歯予防につながるそうです。

今回は虫歯になりにくい食べ物や食生活について説明したいと思います。

そもそも虫歯は口の中にいる「ミュータンス菌」という虫歯菌が原因でおこります。

ミュータンス菌は誰しもが口の中に持っていて、糖分や口内の歯石を餌にして活動し、歯に穴を開けてしまいます。

それが虫歯とよばれるものです。

虫歯を放っておくと、歯茎の腫れや口臭の原因になるとも言われています。

そのため、毎日の生活において歯磨きを丁寧に行いミュータンス菌の餌エサとなる糖分や歯石をためない事が大切になります。

歯磨きだけではなく、虫歯になりにくい食事をとる事も重要になります。

しかし単純に糖分を減らせばいいというわけではありません。

1、カルシウム…歯はカルシウムで構成されているため、チーズや魚介類、牛乳などのカルシウムを豊富に含む食材を摂るとよいとされています。

2、唾液の分泌を促す食物…唾液が多く分泌される事により、歯の表面が清掃されます。

そのため虫歯の予防には唾液の分泌を促す食物をとるとよいでしょう。

酸味のある食品がその一つです。
梅干しとかレモンなどですね。
remon

また、食物繊維が多く含まれる食品はよく噛まなければならないため、唾液を多く分泌してくれます。

セロリやごぼう・レタスなどがあります。

3、フッ素…フッ素は歯の一番外側を強くする働きがあります。

よく歯磨き粉に「フッ素配合」等の文言があるのもこれが理由です。

フッ素により歯の外側が強くなるほど、プラークといって歯垢を付着させにくくなり、結果として虫歯の予防につながります。

フッ素を含む食品の一つにさくらんぼがあげられます。

虫歯を予防する生活週間についてはご存知の通り、きちんと歯磨きをする事です。

その際、注意すべき点は、力強くブラッシングしすぎない事です。

強く歯を磨けば歯の汚れが落ちるわけではありません。

反対に歯茎を傷つけて歯肉炎の原因となってしまう事もあるからです。

ていねいに一本一本磨く事が大切です。

また、歯間ブラシ等を使用して週に1回程度は歯と歯の隙間の汚れをおとす事も大切といえます。

虫歯予防だけでなく口臭の予防にも役立つでしょう、

歯磨きをきちんとする事で虫歯菌のエサをなくす事が虫歯予防に大変役立ちます。

このように、食生活と歯磨きの改善で虫歯予防をされてみてはいかがでしょうか。

◆なお、虫歯になりにくい歯になる!と人気の虫歯菌除去ハミガミのブリアンを毎日の歯磨き粉として使うと、より効果的です。
ブリアン歯磨き粉口コミ!虫歯菌を除去するって本当?

子供用ですが、大人でも問題なく使えます。

虫歯菌除去を目指して家族で使うのもいいですね。

公式サイト↓

mi+

*2016/10/8追記
今は、大人用ブリアンも販売開始されています!

大人用ブリアンは、虫歯予防だけでなく口臭予防や歯周病予防にもよい!と口コミで人気です。
詳しくは↓

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved