温度差で顔が真っ赤になるのを改善する方法

冬になると外から暖かい部屋に入った時に顔が真っ赤になるという方がおられます。

これは、寒い外と暖かい部屋の中という、急激な温度差による現象です。

この、顔が真っ赤になる現象は、もう少し詳しくご紹介すると、急激な温度差によって、毛細血管が急激に拡張し、それが皮膚の薄い目元など顔の皮膚から透けて見えてしまうのが原因です。

特に冬場は肌が乾燥しがちですし、寒くて活動的ではなくなりますよね。

そうすると、代謝が悪くなり、

ターンオーバーも遅れるので、肌が弱い方は、顔が真っ赤になりやすいです。
akaikao

一般的にはこの顔が真っ赤になる現象を赤ら顔と呼んでいます。

これを改善するには、できるだけ防寒をしっかりとして、顔が冷えすぎないようにすることが大切です。

首元にも大判のマフラーをつける。

生姜や根菜類を積極的に摂取するなど、

普段から冷え性を改善するような食生活を送るなども、赤ら顔の改善にオススメの方法です。

ただ、食生活を改善すると言っても野菜にも旬がありますから、なかなか毎日取り入れるのは難しいですよね。

また、仕事や家事で忙しいと外食も多くなりがちです。

そんな時には、サプリを活用するのがオススメです。

サプリと言ってもどんなサプリがいいのかわからないという方に、おすすめなのがサプリのウルウです。

温度差で顔が真っ赤になりやすかったり赤ら顔(酒さ)に悩んだら、サプリのウルウを飲んでみてください。

健康にもいいですよ。
サプリのウルウ(ULUインナーモイストサプリメント)の口コミ評価レビュー!他の赤ら顔ケアサプリとの違いは何?

y

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved