糖尿病で摂ってもいい糖質には何がある?

糖尿病で摂ってもいい糖質には何がある?

大幅な食事制限が必要となってしまう生活習慣病。
それが糖尿病です。

糖尿病はとても恐ろしい病気で、様々な合併症が危惧されます。

実は私の両親も糖尿病です。

母は糖尿病性網膜症や狭心症など、合併症でも苦労しています^^;

それで私も糖尿病にならないように日々糖尿病を予防していますよ。

話を戻します。

まず最初にどうして糖尿病になってしまうのか?

糖尿病とは?

糖尿病の基本的な知識についてお話ししていきたいと思います。

糖尿病とは体内でインスリンの作用が十分に働かずに高血糖状態を保ってしまうことを指します。

高血糖状態が続いてしまうと、体中の血管に多大なダメージを与えてしまいます。

そして死に至るような重大な症状が現れる場合もあります。

現代の日本では食生活が欧米化したことからも糖尿病患者が増えています。

不規則な生活習慣とバランスの悪い食生活により糖尿病の発症リスクが高まることがわかっています。

ところで糖尿病には1型と2型があります。

1型糖尿病は、自己免疫やウイルス感染の影響でインスリンを分泌する膵臓のβ細胞が壊れてしまう病気です。

なのでインシュリンの注射が必須となります。

子供や若い方が1型糖尿病になるケースが多いです。

病院に通院してしっかりとインシュリン量をコントロールすることが大切です。

なお、糖尿病患者全体の90%が2型なのでここでは2型糖尿病について書きます。

遺伝や生活習慣が原因になるのが2型糖尿病です。

この糖尿病を放置してしまうと脳卒中、心筋梗塞、神経障害、網膜症といった合併症リスクが高まります。

ですから日々の食生活でしっかりとコントロールしていかないといけません。

糖尿病になってしまうと甘いものが食べられなかったり、お酒が飲めないと思われがちですが、実は糖尿病でも摂取できるものはたくさんあります。

糖尿病でも摂れる糖質とは?

そこで今日は、糖尿病の方でも摂取することのできる糖質についてご紹介していきたいと思います。

絶対的にNGなのは、白砂糖が多く使われた食品です。

白砂糖は、血糖値を急上昇させる特徴があるため、糖尿病の人には天敵となります。

ではどんな糖質だったら摂取することができるのでしょうか?

比較的、血糖値を上昇させず吸収率の低いものがおすすめとなっています。

マルチトールはどう?

例えばマルチトール

マルチトールは還元麦芽糖とも呼ばれており、ダイエット食品などにも使われています。

甘さは砂糖の80%くらいです。

糖尿病の方でも摂取しやすいとして知られています。

白砂糖と比較しても食後の急激な血糖値の上昇は見られないことから、適量であれば糖尿病患者でも安心して取り入れることができると言われています。

とりすぎるとお腹がゆるくなるので、食べ過ぎ注意です。

エリスリトールはどう?

続いてよく使われているのがエリスリトールです。

エリスリトールは糖質制限を行っている人のために作られた甘味料としても知られています。

ブドウ糖を発酵させて作った天然の糖アルコールが、エリスリトールです。

甘さは砂糖の60%くらいなので、甘さは少ないと言えます。

しかし0カロリーなので血糖値が上がらないことから糖尿病の方でも安心して取り入れることができると言われています。

プレーンヨーグルトに加えて甘みをつけたり、紅茶などの飲み物に入れて摂取することにより満足感を得ることが可能です。

ただし、過剰摂取は、やはり体に悪いため、こちらも定められた量をしっかりと守る必要があります。

人工甘味料はどう?

よく、カロリーゼロと書かれている食品であっても食べてみるとすごく甘く感じることってありますよね。

このような食品には人工甘味料のアスパルテームやスクラロースなどが使われています。

カロリーがなく血糖値の上昇も認められないことからダイエット食品にも幅広く使われています。

しかしなるべく人口甘味料のアスパルテームやスクラロースは摂らない方が、健康によいです。

体内で代謝される際に神経によくない物質になる可能性もあると言われていたり、成長を妨げる可能性も一部で言われています。

ですから、個人的には、人工甘味料はカロリー0ですが、摂らない方がいいと思っています。

大丈夫な糖分は?

また、糖尿病の人に果物はNGだと思われがちですが、適量であれば食べて大丈夫なことが多いです。

繰り返しになりますが、食べない方がいいのは、白砂糖が多いお菓子類や清涼飲料水などです。

洋菓子も和菓子も白砂糖が多く使われています。

カロリーも高くなりやすいですし、血糖値も上昇しやすく栄養も少ないので食べないようにしましょう。

代わりに、黒砂糖やはちみち、メープルシロップは、少量でしたら、とっても大丈夫です。

甘さ控えめでヘルシーなものを食べる習慣にするといいです。

カロリーが高くならないように、食べ過ぎに注意なのは、どの場合も同じです。

糖尿病と根気よく付き合っていくためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

体験してよかったもの

私も糖尿病予防のために、白砂糖入りの普通のお菓子やアイスやケーキは、ほとんど食べないです。

蜂蜜を少しだけ入れた手作りのクッキーなどをたまに食べています。

お酒も糖質が多いので飲まないようにしています。

野菜を食事の最初にたっぷり食べることで、カロリーを抑えることもできて血糖値の急上昇も控えることができるのでいいですよ。

キャベツや小松菜、レタス、白菜、人参、ピーマン、ほうれん草、青梗菜など野菜はいろいろですね。

サツマイモやカボチャなどは、栄養もありますが糖質が多いので食べ過ぎ注意です。

◆食事も注意してるけど、健康診断などで高血糖がどうしても気になる場合は、サプリのアラプラス糖ダウンを飲むといいです。
arapurasutoudaun

アラプラス糖ダウンの効果は、食後血糖値の上昇を穏やかにする機能や、お腹が空いた時の血糖値を正常にするのをサポートします。

アラプラス糖ダウンは、機能性表示食品です。

私も飲んでいますが、血糖値が上がりにくくなったと感じます。
ダイエットにもよいのが気に入っています。

詳しくは↓

m+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2019 美肌の森, All rights reserved


2016年12月21日 糖尿病で摂ってもいい糖質には何がある? はコメントを受け付けていません。 糖尿病