潤いアップの食材と簡単で美味しい保湿レシピはある?

潤いアップの食材と簡単で美味しい保湿レシピはある?

乾燥が気になるこの季節。
保湿を重視したスキンケアアイテムがドラッグストア等にもずらっと並んでいますよね。

化粧水、乳液、美容液、クリーム等を取り入れることにより肌の乾燥を防ごうと一生懸命頑張っている方も多いと思います。

しかし、どんなに優秀なスキンケアアイテムを使っても、体の内側から悪化している乾燥状態では、スキンケアで改善のしようがありません。

今現在、日本の食生活が欧米化されており、偏った食生活を送っている方が急増しています。

外食が多いことにより発生する野菜不足。
脂質の多い食事。
糖質が多すぎるデザート。

こんな生活を継続して続けていると、体内環境が悪化して代謝が悪くなってしまうため、あらゆる不調が肌表面へと現れます。

そこでお勧めしたいのが、スキンケアだけではなく生活習慣の見直しです。

規則正しい生活を送るのは大前提ですが、具体的に改善した方が良いのは食生活です。

脂質や糖質が多すぎる食生活を送っていると、乾燥肌は悪化しやすく、肌トラブルにも見舞われやすくなります。

肌の乾燥を根本から改善するために重要なのはビタミンをしっかりと補給することです。

まず、皮膚に効果的なのは皆さんもご存知の通りビタミンCです。

ビタミンCは肌内部のコラーゲンを生成するサポートを行ってくれるため、しっかりと補給したい大切な栄養素です。

ビタミンCが豊富に含まれている食材として注目を集めているのは、

赤ピーマン
トマト
ゴーヤ
イチゴ
キウイ
ブロッコリー
レモン

このようになっており、特に赤ピーマンは加熱してもビタミンCの効果を取り入れることができます。

本来ビタミンCはとても熱に弱いと言う特性を持っているため、体内に取り入れるためには生の状態で食べる必要がありました。

しかし赤ピーマンに含まれているビタミンCは壊れにくく、加熱調理をしてもビタミンCの効果をしっかりと実感することができます。
akapiman

そこで私がお勧めしたいのが、赤ピーマンを始めとする豊富な野菜を取り入れて作るラタトゥイユです。

ラタトゥイユはイタリア料理の前菜として出されることが多い料理ですが、フランス南部プロヴァンス地方で作られている野菜の煮込み料理です。

レシピ自体はとても簡単なので、誰でも気軽に自宅で作ることができます。

例えば赤ピーマン、ズッキーニ、ナス、ホールトマトがあればこれだけで簡単にラタトゥイユを作ることができます。

すべて鍋に入れて炒めたあと弱火でじっくり煮ると良いです。

さらににんにくや岩塩を加えることにより、シンプルで美味しい潤いアップの保湿料理が完成します。

そして森のバターとも呼ばれているアボカドでシンプルなサラダを作ることにより、美肌に効果的なビタミンE、βカロテン、ビタミンCなどを効率よく体内に取り込むことができます。

例えば、こちらはアボカドとカジキマグロの潤いアップサラダです。
avokadosarada

カジキマグロは、ドコサヘキサエン酸(DHA)を含むので血液サラサラで脳の働きにも良いと言われています。
ただ、とりすぎると脂質ですから太りやすくなるので少しの量を摂るのがベストです。
ほかにもビタミンDやカリウムも含みますよ。

上記の潤いアップのアボカドレシピ:2人分
1:カジキマグロ約80gを食べやすい大きさに切る
アボカド1/2個も食べやすい大きさに切る
トマト1個やきゅうり1本も、好みの形に切る
青紫蘇はお好みで千切りで加える。

2:1をボールに一度に混ぜてから
オリーブオイル:ゆず:しょうゆ=2:1:2の割合で作ったドレッシングをふりかけます。

3:冷蔵庫でしばらく寝かせれば完成です。

下にサニーレタスなど敷いてサラダを載せるのも良いです。

なお、加える野菜や魚はほかのものでもOKです。

サーモンのお刺身用も美味しいです。

試してみてください。

簡単に美味しくて美容に良い食事を作ることが可能です。

このようなちょっとした工夫により簡単に乾燥肌の改善を行うことができ、さらに充実した食生活を送ることができるので、まだ試したことがない方はぜひ取り入れてみてください。

◆なお、食べ物だけでなく、もっと積極的に潤いアップで小じわとか薄くしたいときは、ほうれい線対策にもで人気の白井田七。かめを飲んでみてください。

体内でのコラーゲン生成をサポートしてハリアップになってほうれい線など小じわも薄くなりやすいと感じます。
白井田七。かめ(甕)の口コミ体験レビュー!飲む美容液で天然コラーゲン生成!

m+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved