そばかす対策のメラニン抑制とメラニン排出のWケアとは?

そばかす対策のメラニン抑制とメラニン排出のWケアとは?

メラニンというと、シミ・そばかすの元という感じで良いイメージがなかったんですが・・

メラニンとは?

本来メラニン(melanin) とは、メラニン色素のことです。
ほとんどが皮膚などにあるメラノサイト(色素細胞)で生成されています。

紫外線から体を守ってくれる細胞からできる色素です。

メラニンが全くないと紫外線の影響をもろに受けて皮膚ガンになりやすかったりします。

メラニンも体にとって必要なわけですね。

ただ作られすぎてしまうと、それがシミ・そばかすの元になるわけです。

普通はというか、若い肌だとメラニン色素が多すぎても、ターンオーバーで排出されます。
なので大丈夫なのです。

ですが加齢でターンオーバーが滞るようになるとメラニンの排出がうまくいかずシミ・そばかすになるんです。

他では紫外線を浴びすぎると通常より大量のメラニンができるのでやはりたまりやすくなってシミになりやすくそばかすも濃くなりがちです。

シミとそばかすの違いって?

ところでシミとそばかすの違いってなんだと思いますか?

そばかすは雀卵斑(じゃくらんはん)ともいいます。
シミより小さくて数が多いです。

小さいころからできているものは、たいてい大人になったら消えることも多いです。

しかし大人になってから紫外線の影響でそばかすが濃くなる場合もありますよ。

子供のそばかすと違って大人になっても消えないそばかすは、紫外線、寝不足、ストレス、ビタミン不足、加齢、肌に悪いスキンケアなど多岐にわたり原因があります。

一方、シミは後天的なものです。

紫外線の浴びすぎやニキビ跡や摩擦や女性ホルモンバランスの変化、老化現象など様々な原因でできた色素沈着のことです。

種類もいろいろありますがそばかすより大きいです。

どちらもメラニン色素が増えると濃くなるわけです。

そばかすもシミも減らすこつ

ですからそばかすもシミも減らすには、メラニンが増えすぎないようにすることです。

メラニンが過剰に増えるのを防ぐことで、シミ・そばかす対策になるわけです。

具体的にどうすればいいかというと、紫外線を浴びすぎないことは一番大事です。

ビタミンCをたっぷり摂ることも大事ですよ。

肌荒れしない無添加で優しい美白化粧品を使うのも大切です。

そしてお肌が健康な状態になるように保つことでメラニンの過剰生成を抑制できます。

どうすればいいかというと、セラミドを十分に補給することでメラノサイトへの刺激を抑えれるのでメラニン抑制になります。
frekyureruseramidozu

なおかつお肌のターンオーバーを正常にしてスムーズに多すぎたメラニンを排出することです。

フレキュレルでメラニン抑制&メラニン排出のWケア

このメラニン抑制&メラニン排出のWケアができる!と評価が高い医薬部外品の薬用クリームが、フレキュレルなんです。
frequrell

大人になっても消えてくれないどころか濃くなる一方のそばかすやシミ対策にぴったりなのがフレキュレル(Frequrell)です。

フレキュレルは、無添加で優しい美白化粧品なので敏感肌でも肌荒れしないのもいいですね。

オールインワンクリームで洗顔後に塗るだけ簡単お手入れなのがいいなと思いました。

寝ている間にそばかすを集中ケアできますし、朝はメイク前にしっかり塗れば、おきてる間もそばかす対策ができます。

メラニンが増えすぎるのを防いだり(メラニン抑制)、肌のターンオーバーをサポートすることでメラニン排出につながるフレキュレル(Frequrell)でそばかす対策やシミケアをじっくりしたいなって思います。

美白だけでなく潤うので乾燥肌で大人ニキビができやすいアトピー体質の私には、ぴったりかもと喜んでいます。

そばかす対策でメラニン抑制とメラニン排出のWケアをしたい方は、チェックしてみてください。
フレキュレル公式サイト↓
種類2

s

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved