めっちゃぜいたくフルーツ青汁とめっちゃたっぷりフルーツ青汁の違い比較と選び方

めっちゃぜいたくフルーツ青汁とめっちゃたっぷりフルーツ青汁の違い比較と選び方

青汁なんて不味くて続けられないと思われていました。

しかし、今の時代おいしい青汁がたくさん発売されていることをあなたはご存知でしたか?

青汁は私たちが普段食生活から摂取することが難しい栄養素を気軽に補給できるメリットがあります。

外食がちな方やダイエットサポートに取り入れたい方達からとても好評です。

では、人気の高い2つのフルーツ青汁を今日はご紹介したいと思います。
DSC_0587

めっちゃぜいたくフルーツ青汁の特徴

まず1つ目は、有名人がマイナス10キロのダイエットに成功したことにより人気を集めている「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」です。

この青汁には、贅沢な栄養素が豊富に配合されています。

4種類の国産青汁原料の大麦若葉、クマザサ、明日葉、甘藷若葉が含まれています。

181種類の酵素も配合です。

さらに3種類のプラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸など美容成分

贅沢サポート成分で「ヨガフルーツ、乳酸菌、豆乳エキス」が豊富に含まれています。

詳細を記します。
めっちゃぜいたくフルーツ青汁の全成分
還元麦芽糖水飴・大麦若葉粉末・クマザサ粉末・明日葉粉末・いちご果汁パウダー・マンゴー果汁パウダー・植物発酵物乾燥粉末・パン酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)・抹茶・有胞子性乳酸菌・メロンプラセンタ抽出物・フルーツ野菜エキス・茶抽出物・ターミナリアベリリカ抽出物・甘藷若葉粉末・パイナップル果実抽出物・シクロデキストリン・甘味料(スクラロース、ネオテーム)・香料・ビタミンC・ヒアルロン酸・ビタミンE・ナイアシン・パントテン酸Ca・ビタミンB6・ビタミンB2・ビタミンA・葉酸・ビタミンD・ビタミンB12・(一部に大豆、オレンジ、りんご、バナナ、キウイフルーツ、ゴマ、カシューナッツ、やまいも、モモを含む)

上記の中の植物発酵物乾燥粉末の原材料
オレンジ、パイナップル、バナナ、リンゴ、パパイア、グァバ、メロン、アボカド、アセロラ、ドライプルーン、レモン、洋ナシ、レーズン、マンゴー、すいか、スターフルーツ、キウイ、カムカム、アサイー、アケビ、アムラの実、アンズ、イチイの実、イチゴ、イチジク、イヨカン、ウメ、カキ、カリン、キンカン、クコの実、グミ、グレープフルーツ、ナシ、ナツメ、ブラックベリー、ブルーベリー、ミカン、モモ、山ブドウ、山モモ、ユズ、ラカンカ、レイシ、しいたけ、かぼちゃ、さつまいも、ピーマン、トマト、チコリ、人参、大根、キャベツ、ゴボウ、コウベマンテイガ(ケール)、赤カブ、アスパラガス、イチジクの葉、イチョウ葉、ウコン、エゾウコギ、エンメイ草、オオバコ、大麦若葉、オトギリソウ、カキの葉、カンゾウ、キイチゴ、キキョウ根、キクラゲ、キダチアロエ、キュウリ、クコ葉、クマザサ、クワ葉、紅参、ゴーヤ、コマツナ、シソ、セリ、セロリ、田七人参、タマネギ、タマネギ外皮、タンポポの根、チンゲンサイ、ツボクサ、ツユクサ、ツルナ、トウガラシ、ドクダミ、トチュウ葉、ナス、ナンテンの葉、日本山人参、ニンドウ、ニンニク、パセリ、ハブ草、ビタミン菜、ビワ葉、ブロッコリー、ベニバナ、ホウレンソウ、マイタケ、マツ葉、ミカンの皮、ミツバ、ミョウガ、モモの葉、モヤシ、モロヘイヤ、ヨモギ、ラッキョウ、レンコン、ローズマリー、カツアバ、タヒボ(紫イぺ)、キャッツクロー、シナモン、レモングラス、カルケイジャ、スギナ、シャペウ・デ・コウロ、アガリクス、クローブ、アニス、マテ、ステビア、ウイキョウ、ガジュツ、ガラナ、クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)、パタデヴァッカ(馬のひづめ花)、ペドラウメカ、ピカオプレト、ヤーコン、アカメガシワ、アマチャヅル、アマドコロ、イボナシツヅラフジ、カミツレ、サラシア、セッコツボク、センシンレン、トゥルシー、パフィア、ムイラプアマの葉、メグスリの木、ルイボス、レンセンソウ、小豆、ひよこ豆、エビスグサの種子、エンドウ豆、オーツ麦、大麦、カシュー・ナッツ、キビ(黍)、マンジョッカ、黒ブラジル豆(黒インゲン豆)、黒ごま、玄米、ココア、大豆、ハッショウマメ、ハト麦、パラ・ナッツ、ポップコーン、ブラジル豆(インゲン豆)、紫ブラジル豆(紫インゲン豆)、綿、ヤマイモ、ライ麦、レンズ豆、昆布、のり、ヒジキ、ヒバマタ、フノリ、ワカメ
====

さすがに、ものすごく多いですね。

ぜいたくという名前にふさわしいかも・・

ただ多いのでアレルギー体質の方は、じっくりチェックしてみてくださいね。

ほとんどの方が大丈夫な成分だと思いますから安心して飲んで大丈夫です。

1包3gあたりのカロリーも11.7kcalと低カロリーなのでダイエット中も安心です。

味もおいしいフルーツ風味になっているため、野菜が嫌いな方でも毎日無理することなく取り入れることができるように作られています。

実際に購入された方の満足度は97%を超えているため、若い女性たちを中心に高い注目を集めている青汁です。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は、ダイエットだけでなく美肌になりたい人にもぴったりですね。
めっちゃぜいたくフルーツ青汁のメリットとデメリットの解決策

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

続いて2つ目が、めっちゃたっぷりフルーツ青汁です。

こちらの青汁は置き換えダイエットとしてランキングでも上位に輝いている商品で、多くの雑誌やメディアで紹介されています。

実際に取り入れている方は16万人を突破しており、スキンケア大学の特集ページでオススメ商品として掲載された実績もあります。

リピート率は90%を超えている珍しい青汁として注目を集めていますが、配合されている成分を見てみると149種類以上の酵素が含まれていました。

さらに乳酸菌や青汁原料もたっぷりと配合されていることから、体に良いだけではなくダイエットサポートを気軽に行うことができます。

また美容に効果的な成分も配合されているため、美肌効果、ダイエット効果、栄養補給全てにおいて優秀な青汁とも言えます。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の全成分と原材料
還元麦芽糖水飴、デキストリン、大麦若葉粉末、クマザサ粉末、果汁パウダー、フィッシュコラーゲンペプチド、明日葉粉末、抹茶、植物発酵エキス粉末(デキストリン、糖類、野草、果物、野菜、海藻エキス)、フルーツ・野菜抽出エキス、緑茶抽出物、有胞子性乳酸菌、酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン)、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、ブドウ糖、パイナップル果実抽出物、乳糖、香料、甘味料 (ネオテーム、スクラロース)、シクロデキストリン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に乳、小麦、りんご、大豆、オレンジ、バナナ、モモ、キウイフルーツ、ゼラチンを含む)

===
以上です。

こちらも多いですが、比較するとぜいたくフルーツ青汁の方が成分は豊富ですね。

やはりアレルギー体質の方は、成分をチェックしてみてください。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁もたいていの方が安心して飲める成分ばかりといえます。
めっちゃたっぷりフルーツ青汁のダイエット効果と気になる口コミ

違いと選び方

2つの青汁はどちらもおいしいのが特徴的となっており、フルーツジュース感覚で飲めることから、なかなかダイエットが続かない方にもオススメです。

続いて価格帯を比較していきたいと思います。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁、めっちゃたっぷりフルーツ青汁ともに、通常価格は同じです。

公式サイトから購入することができる定期コースを活用することにより、2つの商品はどちらも初回680円で最安値で購入することが可能です。

なお、2回目以降は35%オフで購入することができることから、コストパフォーマンスの点から比べてみると、どちらも同じだということがわかります。

ただ、配合されている成分は、少し異なるため、どちらを購入しようか迷った場合には、それぞれ上記の全成分を確認してみて下さい。

個人的には、成分の豊富さから「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」の方が良いと思いました。

◆では、簡単な選び方も書きます。
ぜいたくに豊富な成分や潤い成分入りが良い人は、「めちゃぜいたくフルーツ青汁」をどうぞ。
プラセンタ・セラミド・ヒアルロン酸も入っています
めっちゃぜいたくフルーツ青汁公式サイト↓
489

成分が多すぎない方がいい方は、めっちゃたっぷりフルーツ青汁をどうぞ。
めっちゃたっぷりフルーツ青汁公式サイト↓
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

健康、美容、ダイエットサポートに良いめっちゃぜいたくフルーツ青汁とめっちゃたっぷりフルーツ青汁。
美意識の高い女性にとてもオススメです!!
m+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved