ノビルンとフィジカルBの違い比較と選び方

ノビルンとフィジカルBの違い比較と選び方

子供の身長が1番伸びやすい時期。

それが小学校高学年から17歳までの間です。

この時期は成長ホルモンもとても活発になっており、飛躍的に身長が伸びるケースが多く見られます。

しかし周りの子は身長が伸びているのに、自分の子だけあまり成長していないように感じることってありませんか?

伸びない不安と原因

kodomotati

もしかしたら本人よりも成長を心配しているお母さんやお父さんの方が気になってしまっているのかもしれません。

ですが、気にするのは悪いことではありません。

成長期になるべく身長を伸ばしてあげたい。

このように考える事はとても大切で、子供の身長は遺伝が大きく関係していると考えている方もいます。

しかし実際に影響するのは20%から25%の間だと言われています。

重要なのは遺伝ではなく成長期に必要な栄養素をどれだけ補給できているかです。

そこで成長期の栄養が気になるお母さん達から高い人気を集めているのが、

フィジカルB
ノビルン

この2つの成長期応援アイテムです。

では、2つの商品の特徴をご紹介していきます。

フィジカルBの特徴

フィジカルBには、1日に必要な成長成分がたっぷりと配合されており、鉄分は1日の必要量の95%以上、ビタミンB1は1日の必要量の98~102%以上。

さらにビタミンB2、ビタミンB6、アミノ酸などが豊富に含まれています。

また、必要な栄養素を補給するだけではなく吸収率にもこだわって作られているため主成分に配合されているのが消化吸収率95%とも言われているスピルリナです。

水に溶かして飲んだりヨーグルトにかけたりしながら取り入れることができる粉末状になっています。
味はさっぱりとしたグレープフルーツ味です。
なので牛乳が嫌いなお子さんでも安心して取り入れることができます。
フィジカルBは大人の何歳まで効果があるの?

ノビルンの特徴

続いてノビルンです。

ノビルンは、成長期に必要な栄養バランスに着目して開発されています。

カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンB6、ビタミンK、α-GPC、シトルリン、オルニチン、アルギニン、ボーンペップがたっぷりと配合されています。

特に注目したいのが、Ca:Ma= 2: 1の理想的なバランスです。

なおかつ、骨の研究から生まれた注目成分ボーンペップ300ミリグラムを配合しているところです。

ノビルンは、商品の形状がタブレットになっており水に溶かしたりする手間がないんです。

つまり、お菓子感覚で食べられるのが魅力的です。

実際に購入した方の満足度を見ても非常に高いです。

子供が喜んで食べる工夫までしっかりとこだわり抜いて開発された商品です。
身長は遺伝じゃない?!栄養機能食品「ノビルン」>>詳しくはこちら

共通点や違いと選び方

フィジカルBもノビルンも、どちらも品質や安全性にもこだわって作られています。

どちらも、お子さんに安心して取り入れることができます。

配合されている成分や商品の形状等が異なることから、どちらがよりオススメとは言えません。

ですから、お子さんが続けやすいことを重視して選んであげて下さい。

2つの商品はどちらも公式サイトからのネット通販で購入することができます。

お得な情報も記載されているのでぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

◆飲み物やヨーグルトに溶かして飲んでスピルリナがメインが良い方は、フィジカルBをどうぞ。
フィジカルB公式サイト↓
フィジカルB

◆タブレットでお菓子みたいに食べてボーンペップがメインを試したい方は、ノビルンをどうぞ。
ノビルン公式サイト↓
ノビルン

m+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved