幸健生彩(こうけんせいさい)の副作用と安全安心な飲み方

胃腸障害の時の栄養補給や、滋養強壮にオススメの幸健生彩ですが、飲み続けることで、副作用などが出る心配はあるのでしょうか。

また、ずっと飲み続けるにあたって安全安心な飲み方はあるのでしょうか。

今回は、幸健生彩の副作用の有無と飲み方のコツについてご紹介していきたいと思います。

まず、副作用について調べるためにどんな成分が配合されているのか、全成分から調べてみました。

幸健生彩の全成分

シャクヤクエキス 34.3mg (芍薬120mg)ケイヒエキス 23.4mg (桂皮150mg)カンゾウエキス 25mg (甘草100mg)タイソウエキス 80mg (大棗200mg)ショウキョウエキス 22.2mg (生姜200mg)ニンジンエキス 181.8mg (人参600mg)リン酸リボフラビンナトリウム 5mg塩酸ピリドキシン 10mg酢酸トコフェロール 10mgニコチン酸アミド 20mgアミノエチルスルホン酸(タウリン) 300mg

以上が全成分です。

これを見ると、生薬成分がメインでその他に、ビタミン、アミノ酸が配合されていることがわかりますので、特に副作用が心配となるような成分は見当たらないことがわかりますよね。

幸健生彩(こうけんせいさい)の公式ホームページのよくある質問のページを見ても、「幸健生彩は作用の穏やかな滋養強壮剤ですから、長く続けても重篤な副作用等の心配はありません」と記載されています。

だから、どんな方でも飲んでいただけますが、少しだけ注意点もあるようです。

公式サイトでも、市販薬と併用する場合は、30分以上あけること、

漢方薬やビタミン剤を飲まれている方は主治医と相談すること、

15歳未満の子どもは服用できないこと、

多く飲んだからといって効果が増大するわけではないので、用法用量を守ること、

ビタミンサプリ、栄養ドリンク剤と併用される場合は、
薬剤師などに相談すること、などが挙げられています。

こういったことだけ注意すれば、あとは副作用の心配なく長く飲み続けることができます。

胃腸の調子を良くしたい、飲んでみたいなと気になっている方は、是非一度お試ししてみてくださいね。

幸健生彩(こうけんせいさい)↓は指定医薬部外品になります。

y

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved